読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

藤井郷子オーケストラ 10月22日

藤井オケ、行ってきました。

 

藤井郷子オーケストラ 2012年10月22日@新宿ピットイン

早坂紗知、泉邦宏(As)、松本健一、木村昌哉(Ts)、吉田隆一(Bs,Fl)、田村夏樹、福本佳仁、渡辺隆雄、城谷雄策(Tp)、はぐれぐも永松、高橋保行、古池寿浩(Tb)、藤井郷子(Pf)、永田利樹(B)、堀越彰(Ds)

 

1stセットは初演を含む新しい曲を4曲、2ndセットは「やり慣れた曲」(藤井さん談)。頻繁に拍子が変わったり、大編成でありながらその中で様々な編成が出てきたり(テナーとトランペットのデュオ、トランペット無伴奏ソロ、トロンボーンとバリトンのデュオなどなど)、弱音で始まったと思ったらぐっちゃぐちゃのカオス状態になったり、民謡風のテーマの曲があったり、すさまじく多彩なライブでした。メンバーも一癖、二癖、三癖ある個性派ばかりなので、特殊奏法含め色んな音が聴けて大満足。

最後のBennie's Waltzが特にグッときました。(他の曲に比べれば)シンプルな、哀愁漂うワルツ。早坂さんのアルトソロがパワフルで、ダイナミックで、ある種の”説得力”に満ちていました。「俺はこういう演奏が聴きたくてジャズを聴いてるんだ!うおおおおおおおおお」と心の中で叫んでいました。最高。

しかしお客さん少なかったですね・・・。藤井さんの「来日公演」は貴重だし、現行日本で聴けるトップレベルのフリージャズオーケストラだと思います。平日なので社会人はキツいかもしれませんが、ジャズ研の学生とか何でこういうの聴きに来ないんでしょうか。ジャズという音楽の懐の深さ、楽器の奏法や作曲の可能性、色んなものを生で体験できるというのに。

 

ゼフィロス

ゼフィロス

藤井郷子オーケストラ東京の「Live!」を貼りたかったんですが、Amazonにはないらしく・・・。代わりと言っては何ですが藤井カルテットを。