読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

band of Eden@昼ピ

新宿に行く用事があったので、時間を調整してピットイン昼の部へ。

 

2013年3月6日(水)band of Eden

纐纈雅代(As,Ss,Vo)、伊藤啓太(B)、石田幹雄(Pf)、外山明(Dr)

 

個々のメンバーのことは知っていますが、このバウンドのサウンドについては事前知識ゼロの状態で見ました。新鮮で不思議なサウンド。寝不足がたたって、静謐なフリーをやっている場面ではちょっと眠かったりもしたのですが、どこか異世界に連れていかれたような心地よさがあって、見慣れたピットインが違った風景に見えました。ワルツとか普通にカッコイイ曲もありましたが、全体的に幻惑された感じ。

纐纈さんの「前見た時はこんなに鳴っていたっけ」と思ったほどのアルト、ちょっと舌っ足らずなボーカルも良かったのですが、特に圧倒されたのは石田さんのピアノ。2ndセットの最初の曲のソロでは客席から拍手が上がるほど。楽器に没入し、のめり込んでいくような演奏は、暴れっぷりがカタルシスを感じさせるだけでなく、非常に「美しい」と感じられるものでした。外山さんのシンバルワーク(スティックで擦って残響を聞かせるような奏法)も素晴らしく、心に染みました。

お客さんも平日の昼の部にしてはけっこう入っていましたね。このバンド、まだまだ広がっていく可能性を十二分に秘めているのではないかと思います。

 


カラスの結婚式 -band of Eden-

 


うちゅうのはな -band of Eden-