読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

Pet Bottle Ningen "Non-Recyclable"

Pet Bottle Ningen

最近のお気に入り。

Non-Recyclable

Non-Recyclable

Dave Scanlon(G)、Nonoko Yoshida(As)、Dave Miller(Dr)

 

ニューヨークで活躍する若手3人組の2ndアルバム。

一聴した感想は、「フレッシュ」。もちろん色んな音楽からの影響を(一部はっきりと)匂わせてはいると思うのですが、きちんと「ペットボトル人間」というバンドのサウンドになっているし、新鮮な感覚に満ちていてすごくいい。

編成からティム・バーンのBig Satanを連想しましたが、受ける印象はだいぶ違っていて、こちらの方が良い意味でポップで聴きやすいと感じました。インプロ少な目で曲の比重が大きくなっていて、その曲がどれも面白いです。メンバー全員曲を書いていますが、そのことによってアルバム全体がカラフルになっているというか、単調じゃないので繰り返し聞いても飽きないですね。デイブ・スキャンロンのギターも印象的なのですが、吉田さんのアルトがかなり好み。暴れるけど「崩壊」は決してしない、素晴らしいバランス感覚だし、とっても美しい。

これは文句なしに傑作でしょう。ぜひライブで見てみたいですね。

 

ちなみに、このブログには書きませんでしたが、デイブ・ミラーの演奏は先月観る機会がありました。

Karl2000というバンドでピットインの昼の部に出ていて、たまたま休みだったので観に行ったのですが、感想としては、「悪くはないんだけど、ちょっと物足りない」という感じ。「アイラー的なフォーマットで自分たちの好きな音楽をやりたいってことかな?」とか思いながら聴いていたら、やっぱりゴーストとかやってましたね。決してつまらない演奏ではなかったのですが、「このメンツならもうちょっと色々できるんじゃないかなあ」とか思ってしまいました。

2ndセットは日本のミュージシャン(高岡大祐、松本健一、吉田隆一、藤原大輔)とインプロセッションで、そちらは面白かったです。デイブ・ミラーのドラム自体は面白いところがけっこうあったように記憶しているので、ぜひまた見たいところ。

・・・とか思っていたら、どうやらここ数週間、デイブ・ミラーは日本でライブしてるみたいですね。タイミング的にどれも見に行けないのが残念ですが、またいずれ観に行きたいと思っています。

 

<参考動画>


Pet Bottle Ningen at Cake Shop November 2011 ...

 このアルバムの5曲目「Eleven Months」のライブ演奏。

 


Pet Bottle Ningen -Comments- at the Stone March ...

こちらは最近の映像。アルバム10曲目の「Comments」。