読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

鈴木勲スペシャル ISAO 60th Anniversary

ライブ 鈴木勲

ゴッドファーザー

 

2013年6月15日(土)鈴木勲スペシャル@新宿ピットイン

鈴木勲(B)、山下洋輔(Pf)、本田珠也(Dr)

 

80歳(!)のベーシスト、”オマさん”こと鈴木勲さんのスペシャルイベント第1弾に行ってまいりました。派手な赤いスニーカーにスカート、黒のベルベットっぽい生地のジャケットを纏って登場したオマさん、やはり唯一無二の存在感です。入院したと聞いて心配していたのですが、開演前から元気に客席を握手して回ってくれて、一安心。

そして、始まった演奏は期待を遥かに上回るものでした。曲目は「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」、「イン・ア・センチメンタルムード」などのスタンダードを中心に、山下さんの曲も。どの演奏も素晴らしかったのですが、特に良かったのが2ndセット。「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ」、「チュニジアの夜」にアンコールは「枯葉」と、ジャズファンじゃなくても知っているような超有名曲が演奏されましたが、当然この強力なメンバーですから、陳腐な演奏になるはずはありません。言ってしまえばベタな選曲なのですが、それがあんなにも瑞々しく、斬新な音楽になるなんて!これだからジャズはやめられないのです。オマさんを挟んでの山下さんと珠也さんの掛け合い、オマさんと珠也さんのデュオ、最高です(特に鈴木・本田デュオは、レコード出して欲しいと思うほどカッコよかった)。山下さんの名曲「クルディッシュ・ダンス」も鳥肌ものでした。

演奏だけでなく、MCでもいっぱい笑わせてもらいました。いやー、夢のような時間だった。やっぱりオマさんは特別です。いつまでもお元気で、ベースを弾き続けてくださることを願っています。

 

≪関連動画≫

Isao Suzuki Solo - I Can't Get Started - YouTube


山下洋輔 4Gユニット / クルディッシュ・ダンス - YouTube