読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

The Swallow Quintet / Into the Woodwork

Steve Swallow Carla Bley

DKVに興奮しつつ、こんなのも聴いていたりします。

 

Into the Woodwork

Into the Woodwork

 

Chris Cheek(Ts), Steve Cardenas(Gt), Carla Bley(Org), Steve Swallow(B), Jorge Rossy(Ds)

 

かつてチャーリー・ヘイデンとの作品や渋谷毅さんのカバーなどを通じてカーラ・ブレイにハマり、そのつながりでスティーブ・スワローも好きになりました。スワローがいた頃のアート・ファーマーのカルテットも結構好きだったりして、彼のことはゆるーく追いかけているのですが、そんなスワローの新作が6月に出ていました。

さっき軽く検索をかけてみたら、このアルバムについて書かれた日本語のページがすでにけっこうあるようなので(メインストリームのジャズファンにもいまだに人気があるっぽいですね)、今更それに付け加えて語ることもないのですが、とても良い作品だと思うのです。

アルバム全体が大きな組曲のようにつながっていて、多彩な表情を見せながら展開していきます。不穏な空気やどこかヘンな感じも交えつつも、品の良いさり気なさをもって心にすっと入ってきて、色んなところをじわじわと刺激してくるのが心地良い。時には大きな盛り上がりもあり、ぼーっと聴いていると感動させられてしまったりして。スワロー&ブレイの名コンビ、いまだ健在です。 他のメンバー3人も手練れ揃いですし、さすがのクオリティ。おすすめです。

 

 

≪関連動画≫


Steve Swallow Quintet Heineken Jazzaldia 2013 ...

このアルバムのメンバーでのライブ動画。

 


Carla's Christmas Carols: Ring Christmas Bells ...

近年のカーラの作品の中では、クリスマスキャロル集が印象深いです。

 


Carla Bley Band - Reactionary Tango [1981] - YouTube

ついでに約30年前の夫婦の姿も貼っておきましょう。この曲、渋谷毅オーケストラのレパートリーにもなっていて、かなり好きなのです。