読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

泉邦宏new trio

泉邦宏

文字通りの熱演。

 

2014年4月19日(土)泉邦宏new trio@吉祥寺foxhole

泉邦宏(As, Ss etc.)、高岡大祐(Tuba)、池澤龍作(Dr)

 

この日は色々と疲れが溜まっていて出かける予定はなかったのですが、ライブ情報サイト「ト調」を見てこのライブを発見。すぐさま吉祥寺に向かいました。昨年の3月になってるハウスで観て以来、1年振りの泉邦宏new trio。前回観た時に鮮烈な印象を受けたこのバンド、今回も素晴らしい熱演でした。

1stステージと2ndステージ、それぞれ50分くらいの即興演奏1本ずつ。 ドラムとチューバが作り出すグルーヴの上で 猛然と歌い続ける泉さんのサックスが鬼のようにカッコイイ。随所に立ち昇る、ロフトジャズを彷彿とさせるような熱気がたまらなく好みなのですが、このメンツですからもちろん一筋縄にはいきません。微細に、そして大胆に変化していく高岡さんのチューバは、猛烈に“息”を感じさせる身体的なカッコよさがありながら、電子音のような何とも形容しがたい音を発していました。不思議。池澤さんのドラムも歯切れよく、カラフルで、熱い。三者三様の強烈な個性がありつつ、バンドとして一つのサウンドになっているように感じました。

1stステージの途中、チューバとアルトが延々と循環呼吸で吹き続ける中、ドラムがスネア中心の演奏から少しずつ展開していく場面などは 、鳥肌モノのカッコよさでした。いわゆる「フリージャズ」とか「インプロ」の枠には収まらない何かがあったように思います。いやー、生音であんなものすごい演奏が聴ける機会はそうそうないですよ。ライブで体感することを激しくおススメします。

 

 

そして、この日はレコ発でもあったのでした。

 

f:id:zu-ja:20140420194610j:plain

 

昨夜と同じく吉祥寺foxholeで2014年2月に行われたライブの録音。約60分収録のCDRで1枚1000円。まだ2回しか聴いていませんが、こちらもカッコイイ。ライブの物販や泉さんのサイトで買えるようです。

 

 

≪関連動画≫


泉邦宏(IZUMI KUNIHIRO) 琴電(KOTODEN)FROM CD ...

近年の泉さんの作品では、この『SOLO LIVE ! 』も好きです。ヘンテコで。このアルバムの「アフロブルー」、たまらんですよ。

 

 


Sam Rivers The Tuba Trio / Part IV - Group With ...

チューバ入りの小編成ってすごく好きなんですよね。このサム・リヴァースとか、アーサー・ブライスとか。泉邦宏new trioと同じく高岡大祐さんが参加している坂田明F1トリオもめっちゃくちゃカッコイイ。CD出たら嬉しいなあ・・・。