読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

浅川マキ「ふと、或る夜、生き物みたいに歩いているので、演奏家たちのOKをもらった」

今更ながらハマってしまいました。

 

ふとある夜 生き物みたいに歩いているので 演奏家たちのOKをもらった(紙ジャケット仕様)

ふとある夜 生き物みたいに歩いているので 演奏家たちのOKをもらった(紙ジャケット仕様)

 

 

高校生の頃に寺山修司が好きだったこともあって、「浅川マキ」の名前は知っていましたが、まともに聴いたことはありませんでした。同じようなジャケで大量にCDが出ていて、どこから聴いたら良いか分からなくてなかなか手が伸びず…。

今回これを手に取ったのは、渋谷毅(pf)、川端民生(b)、坂田明(as)といったメンツに惹かれたから。結果、買って正解でした。「ボロと古鉄」での坂田さんのソロはめちゃくちゃカッコイイし、渋谷さんのピアノも結構攻めていたりして、フリージャズ的に面白いところがかなりありますね。ギターとのデュオで演奏される「ふしあわせという名の猫」もしびれます。

そもそも一部の例外(ニーナ・シモンとか)を除いてボーカルものはほとんど聴かないのですが、この浅川マキの声質はかなり好きです。これをきっかけに色々聴いてみようと思い、youtubeで少し漁ってみたんですが、どうにも自分の好みに合わない演奏も…。ま、とりあえず渋谷さんや坂田さんの参加作からいくつか聴いてみようかな。

 

 


浅川マキ Maki Asakawa - ふしあわせという名の猫 a cat named "unhappy ...

今回取り上げたのとは別ヴァージョンですが。浅川マキのボーカルのスタイルは、こういう陰鬱な歌詞にばっちりハマりますね。

 


少年 浅川マキ - YouTube

これ、素晴らしい。