読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

フェダイン@国立NO TRUNKS

ライブ 川下直広 不破大輔

3人での演奏は14~15年ぶりとのこと。

 

2015年4月26日 フェダイン@国立NO TRUNKS

川下直広(Ts, Harmonica), 不破大輔(B), 大沼志朗(Dr)

 

2000年に解散したバンド、フェダインのライブに行ってきました。川下さんがMCで「最初で最後」と言っていたので、たぶん一夜限りの再結成。私がジャズを聴き始めたのは2005年頃なので、生で観るのは当然初めてです。

傑作『LIVE 1991』などから、ぐつぐつと沸き立つマグマのようなエネルギーの奔流、ただただ熱い演奏というのをイメージしていたら、意外とそうでもなく。もちろん熱気を帯びる場面もありましたが、むしろ印象に残ったのは川下さんの音色と"歌”の素晴らしさでした。独特のスモーキーなトーンでテナーを上下に振りながら歌いまくる姿には、カークアイラーを彷彿とさせられました(後半で「ゴースト」も)。「海」ナポリタン」「フワルンバ」といったオリジナルだけでなく、「愛の賛歌」ケセラセラも飛び出し、やはり川下さんの歌ものは最高だなと。

不破さんの地を這うようなベースも心地よく、ほんとうに多幸感に満ちたライブでした。ここ1~2年くらい川下トリオのライブに行っていなかったのですが、また行きたくなりましたね。

 

 


Fedayien [DA VA DA VA DA BA] at Moers NewJazz ...

 

Live 1991

Live 1991

 

 

○ (マル)

○ (マル)

 

 不破さんのベース、かなり好きなんですよね。こういうベースが前面に出たもの(できればデュオ)の新作を聴きたいと常々思っているのですが…。