読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

ジョン・ルイスくん(23)との邂逅

John Lewis

別に大したネタでもないのですが、ジョン・ルイスくん(23)」という字面が妙におかしくて。

 

 

エヴォリューション

エヴォリューション

 

John Lewis(P) 

 

 

私はクリスチャンなのですが、私が通っている教会にジョン・ルイスくんという神学生がやってきました。日本で牧師を目指す彼は、コロラド出身の23歳、日本語も堪能な長身のナイスガイです。これだけだと単に同姓同名ってだけの話なんですが、なんとジョンくんはアメリカにいた頃に音楽学校でジャズギターを習っていたとのこと!そのことを聞いて、「君と同じ名前のピアニストが好きなんだけど、知ってる?」と聞いてみたところ、残念ながら知らないようでした…。続けて、どんなジャズが好きか聞いてみたら、ビバップとの答えが。「ビバップはvocabularyがあって、会話できるのが面白い」そうです。なるほど。

私が「僕はフリージャズが好きなんだよね」と言うと、「フリージャズは全然わからないけど、いろいろ聴いてみたい」と言うので、「今度時間に余裕があるときに、ジャズを聴く会をやろう!」と約束しました。ギター入りのものを中心に、日本のものとかいろいろ一緒に聴いてみようと思ってまして、彼がどんな反応をするか楽しみにしてます。ちなみに、「演奏する方が好きでミュージシャンの名前などには詳しくない」というジョンくんの口から出たジャズメンの名前は、チャーリー・パーカーウェス・モンゴメリージム・ホールクリス・ポッターカート・ローゼンウィンケルなどでした。アメリカ時代に周りでどんなのが流行っていたかとか、そういうことも聞いてみようかなと思ってます。

 

 

そんな駄話のついでに、最近お気に入りのジョン・ルイス作品『Evolution』を紹介してしまおうかと。1999年のライブ録音。2001年に亡くなってますから、最晩年ですね(当時78歳)。「Afternoon in Paris」「Two Degrees East, Three Degrees West」といったオリジナルと、スタンダードが半々くらい。

 


John Lewis Solo Piano 1999 ~ Afternoon In Paris ...

 

どのトラックもすごく良い。終始淡々と弾いてますが、濃密なジョン・ルイス世界(Wonderful World of Jazz)が広がっています。スガダイローさんをして、「彼はちょっと変態ですね、あの人はなんか異様な空気が流れていた」と言わしめる独特さ。大谷能生さんも「ジョン・ルイスはヤバい」ということを色んなところで言ってますよね。

 


John Lewis - Django Live 2000 - YouTube

亡くなる前年、モントルーでのライブ映像。超カッコイイ。Djangoは『Evolution』にも収録されています。

 

MJQとかバッハやってるやつなんかには全然興味が湧かないのですが、これはほんとに好きですね。オーネットマンゲルスドルフを発掘した(?)人でもありますし、実は相当変わった感性を持っていたのではないかと。彼の魅力に気付いたのはここ1~2年くらいのことなので聴いていない作品も多く、少しずつ集めていこうと思っています。