読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

2015年10月12日(月)ダウトミュージック10周年記念祭り・昼の部

ライブ 広瀬淳二 今井和雄

夜の部まで時間があるので、今のうちにサクっと記録をまとめておこうかと。

 


10月12日(月)ダウトミュージック10周年記念祭り・昼の部
今井和雄(Gt)、広瀬淳二(Ts)、沼田順(Gt etc.)

 


信頼と安心のレーベル、ダウトミュージックが10周年を迎えたということで、その記念ライブに行ってきました。今日は新宿ピットインで昼夜二公演あるのですが、昼の部は今井和雄広瀬淳二という超強烈なインプロバイザー2人と、レーベル社長の沼田順さんの共演。
今井和雄さんのライブ演奏を観るのは相当久しぶりで、たぶん2006年か2007年くらいにノイズ系のイベントで観て以来。高円寺20000Vだったか、新大久保EARTH DOMだったか、詳細は覚えてませんがENDON絡みのイベントだったような。凶悪なノイズをまき散らすバンド/ユニットの出演が続く中、ギター1本抱えてステージに上がった今井さんが凄まじい迫力の演奏をしていたのが強く印象に残っています。その今井さんと広瀬淳二さんの共演ということで、これは見逃すわけにはいかないと思って昼間からピットインへ。

 

一部は、今井・広瀬→今井・沼田→広瀬・沼田の順でデュオを3本。二部は、3人全員での演奏1本+アンコールという構成でした(どーでもいい余談ですが、一部と二部の間の休憩時間には、BGMとしてオーネット『サウンド・グラマー』が流れてました)。

楽しみにしていた今井さんのギター、やはりすさまじかったです。ミュートした硬質な音をバキバキ鳴らしていたと思ったら、残響を巧みにコントロールして"発狂したビル・フリゼール"的な演奏をしたり、細長い金属の棒を弦に挟んでチェーンのようなものでゴリゴリとパーカッシブに鳴らしたり、展開が多彩。しかも、それらすべてが圧倒的なスピード感と迫力を持っていて、聴いていて思わず笑けてきてしまうかっこよさ。それに広瀬さんのサックスのえげつない音が絡むのだから、もうたまらんですよ、これは。沼田社長のギターetc.は、始めは手探り感もあるように思いましたが、カオティックなノイズパートでは要所要所でかっちょいい音を繰り出していました。

まずは昼の部、良いライブでした。特に前半の今井・広瀬デュオは、今年観たライブの中でもベスト級かも。夜の部のジャズ非常階段も楽しみにしています。

 

<参考?動画>


ノイズ電車 - フェスティバルFUKUSHIMA! 世界同時多発イベント - YouTube

ちょうどよい動画がなかったので、こんなものを。2:15頃から広瀬淳二さんが。