読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

2012年まとめ<アルバム編>

今度はアルバム編。「今年発売された」ものではなく、今年よく聴いたものをまとめたいと思います。順不同で5枚ほど。毎年聴きまくっているドルフィーとかは除外します。

 

Journal

Journal

色々買ったヴァンダーマーク関連作で1つあげるならこれ。即興と作曲のバランスが素晴らしい。各10分前後という曲の長さもダレなくていい感じ。

 

Undine

Undine

今年発売の話題作。詳細はこのブログで過去に書いてるので省きますが、めちゃくちゃ面白いです。

 

レーベンスラウフ Lebenslauf

レーベンスラウフ Lebenslauf

発売は2008年みたいですが、今年買って見事にハマりました。立花さんのアルトはもちろん、作曲も素晴らしい。ライブは1度だけ行きましたが、新しい曲が凄く良かったです。ライブ盤出して欲しいなあ。

 

 

蝶々在中

蝶々在中

発売は去年かな?これも聴きまくりました。ジャズにとって大事なものがたくさん詰まってます。最後の「無題」はいつ聞いても心に沁みます。

 

f:id:zu-ja:20121119212122j:plain

The Gil Evans Orchestra LIVE IN DORTMUND 1976

Amazonで取り扱われておらず、リンクを貼れないので画像で。これもハマりました。ギルオケの演奏としては当時の標準的なレベルだと思いますが、目玉はローランド・カークのゲスト参加。たった2曲ですが、濃密なカークワールドが展開されています。死の1年前の録音で、このときすでに半身麻痺だったとのことですが、循環呼吸と2本吹きも披露しています。カークのファンなら必聴。