読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

Matana Roberts / Coin Coin Chapter Three: River Run Thee

Matana Roberts

当ブログはマタナ・ロバーツを引き続き推していきます。

 

 

Coin Coin Chapter..

Coin Coin Chapter..

 

Matana Roberts(Alto saxophone, Korg Monotron, Korg Monotron delay, Korg Monotron duo analogue, wordspeak, early 1900s Archambault upright piano) 

 

 

マタナ・ロバーツのCoin Coinの3作目。Coin Coinは全12章の作曲プロジェクトで、第1章が2011年、第2章が2013年に発売されています。1作目はラージアンサンブル、2作目はクインテットテノール歌手という編成でしたが、今作はなんとソロ!12トラックに分かれていますが、実質的には1曲約45分の大作。

フィールド・レコーディング、アルトサックス、エレクトロニクス、ヴォイス、スポークン・ワード、サンプリングなどなどが多層的に折り重ねられていて、相変わらずマタナ・ロバーツという人のトータルプロデュース能力には舌を巻きます。過去作がジャズのフォーマットを明確に下敷きにしていたのに対し、本作はドローンやミニマル的な要素も。ヴォイス、スポークン・ワードの占める割合も格段に増えています。どことなく不穏な空気感で始まり、少しずつ、そして大きく展開していくこの音楽、どう形容するのが適切なのかまったく分かりませんが(ちなみにマタナ・ロバーツ本人は、このCoin Coinプロジェクトをpanoramic sound quiltingと呼んでいます)、まあとにかく私は好きです。

個人的には第2章の方が好みでしたが、本作も多方面で取り上げられてしかるべき作品だと思います。今月のミュージックマガジン松山晋也さんが紹介したりもしているのですが、ざっと検索しても日本語で書かれた情報がほとんど出てこない(レコ屋の通販ページばかり)というのは寂しい限りです。

 

 

 

 

 

Coin Coin Chapter One: Gens De Couleur L

Coin Coin Chapter One: Gens De Couleur L

 

 

Coin Coin Chapter Two: Mississippi Moonc

Coin Coin Chapter Two: Mississippi Moonc