読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん思ったことあんまりまちがってない

ジャズ アルバム紹介やライブの感想など 

新宿PIT INN50周年 & blacksheep10周年パーティー

ライブ 吉田隆一

完全に「どうかしてるぜ!」なイベントでした。

 

 

2015年8月18日(火)PIT INN 50周年、おめでとうございます! blacksheep 10周年記念・4th アルバム『+ -beast- 』発売記念 昼の部・夜の部、ぶち抜きパーティ!

 

 

blacksheepのレコ発&アフターパーティーに行ってきました。昼の部でblacksheepがライブをやり、夜の部は落語家、ゴーストライター、アイドル、SFマガジン編集長、アニメーターなどなどが登場するカオスな宴。情報量が多すぎて処理しきれませんが、イベントの概要だけメモ的に記録しておきたいと思います(※記憶だけを頼りに書いていくので、順番とか間違いもあるかも)。

 

 

■昼の部

blacksheep: 吉田隆一(Bs), スガダイロー(P), 石川広行(Tp, Vo), Tsuneta(Cello)

 

通常のピットインのライブ形式でした。4曲やって、休憩を挟んでまた4曲+アンコール。最初2曲は過去作から「切り取られた空と回転する断片」「星の明かりは彼女の耳を照らす」で、他は新譜の曲だったと思います。合間のMCでは、大傑作映画マッドマックス 怒りのデスロード』の「V8を讃えよ」ポーズを傾けた、「Beastポーズ」のお披露目も。

blacksheepは2作目が出た頃から追いかけていて、吉田隆一さんの断髪式、後藤篤さん(Tb)の脱退、新メンバーの加入などにも立ち会っているのですが、今の編成になってから観るのは久しぶり。以前観た時よりもグループとしてのサウンドが良い意味でまとまっているように感じました。新譜からの「地球、買います」西荻窪アケタの店板橋文夫オーケストラ版を聴いてカッコよさのあまり軽く落涙した記憶があるのですが、blacksheep版も素晴らしかった。

 

<試聴音源>

 

 

■夜の部

①立川三四楼×吉田隆一

 メビウス落語家立川三四楼の小噺。∞マークの書かれたヘルメットを被って登場し、ダジャレ的な言葉遊びを連発する謎のネタを披露。「コンピュータ音頭」(「ドラえもん音頭」の替え歌らしいです)を歌いながら退場していきました。のっけからカオス。

 

 

②N/Y

新垣隆(P), 吉田隆一(Bs)のデュオで、ツアー中に作ったという曲と、オーネットの「Lonely Woman」(超良かった!)、アルバム『N/Y』収録の「野生の夢」を演奏。やはり新垣さんのタッチ、とても良い。

 


Making of 『N/Y』Part3 - YouTube

 

 

③ピットイン50年史

怪物さん(元・ピットインブッキング担当、現・甲府 桜座代表), 吉田隆一, ノイズ中村, 鈴木寛(現ピットインマネージャー)の4人でトーク。昔のピットインの写真をプロジェクタで映しつつ、当時の裏話など(デモテープを聴いて「お、こいつのテナーすごいな。朝の部に呼ぼう」と思ったらペーター・ブロッツマンだった、なんて話も)。登場時から完全にパライヨツだった「怪物さん」のトークは抱腹絶倒もの。

 

 

④DJまほうつかい+あさきゆめみし

DJまほうつかい(西島大介とアイドルユニットあさきゆめみしのコラボだそうです。客いじりを含むミニコントとカラオケ。うーん、これは正直に言って私には付いていけない世界でした。時間もわりと長くて、キツかった…。

 ※④終了後、岩下の新生姜の社長からプレゼントということで、新生姜ペンライト25本がお客さんに配布されました。

 

 

⑤SFトークショー

西島大介, 塩澤快浩, 大谷能生, 吉田隆一の4人で、新生姜ペンライトが光る中トーク。それぞれの出会いや、blacksheepの3作目メビウス神林長平さんからの帯コメントをもらうまでの経緯など。

 

 

⑥どすこい岩村 produced by スガダイロー

いきなり革ジャンにサングラスで登場し、謎の歌を熱唱。ノーコメント。

 

 

⑦Neo∞siZ お披露目会

女性2人のユニットNeo∞siZ(水谷寧央・今村しずく)が登場し、新譜の特典CD-Rの曲を披露。作曲・吉田隆一、作詞・ヨシダヨシオ、プロデュース・大谷能生とのこと。踊りもあり、見た目も曲も美しく、混沌状態から少しクールダウン。

 

 

新垣隆 × 渡部真一× 吉田隆一

渋さ知らズでおなじみの渡部真一さんが、まさかのN/Yとのコラボ。N/Yの演奏と共に「吉田隆一のここがダメ」というところを指摘していく、といったパフォーマンスをしたのですが、これがめちゃくちゃ素晴らしく。色んな意味で荒れ切っていた場の雰囲気を一気に盛り上げ、最後はN/Yの美しいデュオで〆。これはもう流石と言うほかない完成度でした。感服。

 

 

⑨blacksheep 設定資料集が作られるまで

新譜『+ -Beast-』は架空のアニメのイメージアルバムということで、そのアニメの設定資料集が付属しているのですが、それをアニメーターの寺尾洋之さんが解説。西島大介さんの原案を受けて、どんなことを考えてデザインしたかといったお話。富野由悠季監督から帯コメントをもらうまでの裏話なども。

 

 

⑩ 黒羊管弦楽団 blacksheep orchestra

メンバーは、吉田隆一(Bs), 新垣隆(P), 辰巳"小五郎"光英, 石川広行(Tp), 藤原大輔(Ts), 千葉広樹(B), 服部マサツグ(Dr)と豪華。交響曲HARIKOMI」「皆勤の徒」に、なんとハチャトゥリアンの「レズギンカ」!最後の「レズギンカ」、意外な選曲でしたが今日イチのカッコよさでした。これですよこれ、こういうのが聴きたかったんです。

 


ハチャトゥリアン「レズギンカ」 フェドセーエフ/モスクワ放送響 - YouTube

 

板橋オケで初めて観た吉田さんの演奏に衝撃を受けてから約5年、この間、blacksheepはメンバーの脱退・加入も経ながらどんどん拡張していきました。「blacksheep 2D」なる関連ユニット(?)が登場した時、「このままblacksheep○○がたくさんできたら面白いな。blacksheep+1とか、blacksheepオーケストラとか、dj blacksheepとか」って密かに思っていたのですが、とりあえず黒羊管弦楽団は実現しましたね。ぜひライブ盤等の音源を出して欲しいし、できれば藤井郷子オーケストラくらいの規模で吉田さんの楽曲を演奏するバンドも観てみたいです。

 

 

ジャズ、SF、アニメ、アイドルetc.盛りだくさん過ぎてヘトヘトになりましたが、いやー楽しい宴でした。吉田さんの今後の活動も追いかけて行きたいと思っています。お疲れ様でした&10周年おめでとうございます!

 

 

+ -Beast-

+ -Beast-